ブルンジ共和国

ブルンジ・ンゴジ地区は、ルワンダ国境に近く、コーヒー栽培に適した土壌として昔から知られておコーヒー栽培が盛んな地域となっています。
■収穫されたコーヒーチェリーの加工方法は、フルウオッシュドとセミウオッシュドの2種類あり、フルウオッシュドの方が品質が高く、香り・ボディに優れています。
■スクリーンサイズは、15UPとなっており、決して豆のサイズは大きくありませんが、ブルボン種の特徴であるフルーティーで甘い香り・柔らかい酸味・スッキリとしたコクとなめらかな後味が楽しめます。冷めるとチョコレートフレーバーが感じられるのも本品の特徴です。あまり日本人にはなじみのないブルンジコーヒーですが、コク、風味ともに飲みやすい逸品 中煎りでご提供

2020年11月19日